症状から病気を検索

腹痛・吐き気

腹痛・吐き気

腹痛や吐き気を催す病気を下記に記載しております。

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • アニサキス症
  • 総胆管結石
  • 膵炎
  • 胆嚢結石
  • 胆嚢炎
  • 胆石発作
  • 感染性胃腸炎
  • 逆流性食道炎
  • 機能性ディスペプシア
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 急性虫垂炎
  • 大腸
  • 憩室炎
  • 虚血性腸炎
  • 感染性胃腸炎
  • 尿管結石症
  • 膀胱炎
  • 腸閉塞
  • 過敏性腸症候群
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸がん
  • 便秘症

先ずは診察や血液検査を行い、炎症の強さなどを観察します。逆流性食道炎や胃潰瘍、十二 指腸潰瘍、アニサキス症などは内視鏡検査(胃カメラ検査)で、速やかに治療を行う事が可 能です。膵炎や胆石症、急性虫垂炎などはCT検査・腹部超音波検査などで診断する事が出来 ます。
下腹部に痛みがある場合や、排便異常を伴う場合には、CT検査・大腸カメラ検査で診断を行 います。心窩部痛(みぞおち付近の痛み)の場合では、心筋梗塞などの心疾患の可能性があ るので注意が必要です。“腹痛症状”を認めた場合は原因として疑われる要因が多い為、正 確な診断を行い、適切な治療を選択する必要があります。

便通異常

便通異常

便秘症

便が硬くなる事で便が出にくい、お腹が張るなどの症状がみられます。大腸がんなどにより 腸管内が狭くなっている為に便秘が発生している可能性があります。自信が便秘と疑われる 際は大腸カメラ検査やCT検査の受診が重要となります。

下痢症

下痢には急性の下痢と慢性の下痢の2種類あります。急性の下痢では感染性腸炎や食中毒な どが原因として考えられます。急性の下痢が発症した際は下痢止め薬を服用せず、体内にい るウイルスや細菌を体外に排出させる事が大切です。
慢性の下痢では過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなどが原因として考 えられます。これらの病気は、先ずは大腸カメラ検査で大腸内を観察していき、病変部を直 接観察してから治療方針を決めていく必要があります。

黒色便・血便

胃や十二指腸などの上部消化管からの出血では墨汁のような真っ黒い黒褐色便(タール便) を認めます。タール便を認める病気としては胃潰瘍や十二指腸潰瘍、食道がんや胃がんなど が挙げられます。診断には胃カメラ検査が必要です。
大腸や肛門からの出血では血便(鮮血便、粘血便、暗赤色便)を認めます。
大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性腸炎、憩室出血、痔核などが原因となりま す。

健診異常

健診異常肺がん検診、胃がん検診、大腸がん検診、前立腺がん検診などのがん検診を受診して頂き、 早期にがんを発見する事が出来ると、根治的な治療が可能となります。特に胃カメラ検査、 大腸カメラ検査では、消化管内の粘膜を直接観察して、癌と疑われる組織を採取する事やポ リープを切除する事ができ、より正確な診断結果を知る事ができます。また肺がん検診、胃 がん検診ではさらに精度を上げるために二重読影(ダブルチェック)を行います。 特定健康診査(特定健診)では高血圧症、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの生活習慣 病の早期診断が可能となります。生活習慣病は自覚症状を感じる事が難しく、知らぬ間に病 状が進行しているといった事もよくあります。心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの重大な合併 症を引き起こさない為にも特定健康診査もお受け下さい。

食欲不振・体重減少

食欲不振・体重減少食欲不振の原因には消化管に異常がある場合(逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食道 がん、胃がん、大腸がんなど)と、消化管以外の場合に分けられます。消化管以外の場合で は悪性腫瘍(癌)がある場合はエネルギー消耗する事で食欲不振を引き起こします。これら は胃カメラ検査、大腸カメラ検査、CT検査などで診断を行います。これらの検査で異常が認 めない場合には、機能性ディスペプシアなど消化管の機能障害、便秘症、精神症状(う つ)、甲状腺機能異常などの内分泌疾患、更年期障害などが原因となっている可能性があり ます。

のど・食道のつかえ感

喉・食道のつかえ感のどのつかえ感は逆流性食道炎が原因である可能性が高いです。逆流性食道炎は食道裂孔ヘ ルニアや下部食道括約筋の機能が低下する事で、胃酸が食道中へ逆流し炎症を引き起こしま す。また咽頭がん、喉頭がん、食道がん、甲状腺腫瘍なども原因となり事があります。胃カ メラ検査やCT検査などで診断を行います。

中々症状が治らない

日中の眠気ご自身が抱えている症状が中々治らない場合は一度精密検査(CT検査)を受ける必要があるかもしれません。体の周囲からX線をあてて体の内部を観察する検査です。体の輪切りの画像をはじめ様々な形の画像を撮影する事が出来るので、体を詳細に観察する事ができるようになります。CT検査で分かる病気として脳血管疾患、脳腫瘍、脳梗塞、肺がん、肺炎、肺気腫、大動脈瘤、大動脈解離、肝硬変、膵炎、腸閉塞、腎結石、腎腫瘍など全身の病気を観察する事ができます。中々治らない症状が実は命に関わる重大な疾患であったという事も考えられます。該当する方は一度当院までお越し下さい。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約事前WEB予約